FC2ブログ

オイルクーラー

GSのエンジンは、空冷なのでオイルクーラーが冷却の要です。そのオイルクーラーは、エンジン上部、エアクリーナー直下にあるのですが、正面の冷却ファンから送られた風が………抜ける場所がありません。なぜ、このようなレイアウトなのか??? 今回車検を取ってからは、スペアタイヤをトランクに置いて風の通り道を作りました。以前からこの方法は知っていたのですが、エンジンルームにスペアがあるのが「GSの気の利いたところ」と考えていたのでやりませんでした。
車も私も年をとり、無理しない方がよい、たくさん荷物を積む時はスペアタイヤをエンジンルームに戻せばよい、と気が変わったのです。

外気を冷却ファンでオイルクーラーへ
エンジン正面からオイルクーラーへ

オイルクーラーへの給気はしっかりしているのに、抜けた空気の出て行く場所がない。
オイルクーラーからエンジン上面へ

スペアタイヤを移動すると、熱気をエンジン上面からトランスミッションへと逃がす通風路ができる。
エンジン上面から変速機へ


スポンサーサイト
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク